個人指導

基本的には、糖尿病教室スタッフと患者さんのマンツーマン。個室でお話を伺います。

初診

初診問診にて、患者様の病気に関する事や生活についてお話を伺います。(病歴、家族歴、症状、治療経過、生活スタイル、具体的な食生活など)医師の治療方針決定の際、大切な資料となります。

また、改善できそうな事柄を見つけ、治療の目標を話し合います。

「食事・運動習慣・1日の生活の流れを教えてください。」「食事は、何が多くて、何が足りないと思いますか?」「何から始めますか?」

再診

  1. 治療開始後のフォロー

    治療についての理解度を確認します。治療の障害となっている事がないか、もしあれば解決策を見つけます。

    「その後いかがですか?困った事はないですか?」「食事療法で、一番辛い事は?」「次の目標は何にしましょうか?」

  2. 自己血糖測定器の使い方の指導

    自己血糖測定器の使い方の指導。一緒に測定してみます。

  3. インスリン自己注射の外来導入

    手技の説明の後、実際に注射してみます。後日、手技の確認をします。

  4. 腎症の蛋白制限食の指導

    食事記録をつけていただき、それを元にお話したり、交換表を使って説明したり致します。

  5. 個人指導まとめ

    個人により病態、生活スタイル、環境が異なります。できるだけ患者様にあった形で治療を継続できるよう、アドバイスさせていただきます。

集団糖尿病教室(無料)毎週、2~3回開催

下記項目を皆さんと一緒に勉強していきます。

毎月6~8回、集団糖尿病教室を開催しておりますので、お気軽にご参加ください。

日程につきましては、こちらをご覧ください。

基礎編

糖尿病の病態と合併症、治療全般のお話です。糖尿病の全体像をつかむためのお話です。

血糖とインスリン、診断、自己管理、合併症、食事療法・運動療法・薬物療法の基本、低血糖、他の病気にかかった時

食事療法A

食事療法の基本をお話します。

糖尿病食品交換表の使い方(指示カロリー、何をどれだけ食べたら良いのか、1単位の量、献立の実際)

食事療法(低カロリーの工夫)

食品の選び方、調理方法の工夫、外食の仕方(メニューの選び方、食べ方の工夫)、アルコール(飲める人の条件・飲み方)

食事療法(最近の話題)

食事の時間、食べる順番、低炭水化物食など

食事療法(高血圧の食事)

減塩の工夫など

運動療法

安全に効果的に運動するために、具体的な運動方法をお話いたします。

なぜ運動するのか、運動中のエネルギーの流れ、運動効果、運動する際の注意、効果的な運動の方法、合併症がある時の運動

糖尿病とは

糖尿病の病態を理解することで、治療継続の大切さを理解していただきます。

糖尿病の種類、生活習慣病としての糖尿病、診断、定期通院の大切さ

合併症

合併症発症阻止・悪化防止のための適正な治療方法をお話いたします。高血糖と合併症の関係、腎症・網膜症・神経障害の病態と予防法・治療法、動脈硬化の原因と予防、足の手入れ

検査・診断

患者さんが実際に行なっている検査が何を調べる物なのか、また検査結果を理解していただくためのお話です。

検査の必要性、診断のための検査、糖尿病の状態を知る検査、合併症の状態を知る検査、自己管理の方法

低血糖・高血糖・シックデイルール

低血糖・高血糖にならないため、もしもなってしまったら、他の病気にかかった時の食事量と薬の飲み方など、いざという時の対応策です。高血糖昏睡の原因とその予防、低血糖の原因と予防・処置の仕方、他の病気にかかった時の対策・食事と薬のとり方

薬物療法

糖尿病の飲み薬について、それぞれのお薬の効果・作用・副作用・服用の際の注意事項などのおはなしです。

メタボリックシンドローム

メタボってなに?予防と治療について

清涼飲料水と菓子パンのお話

砂糖や油の量、カロリーに目を向けてみます。

骨活しましょう!!

骨折予防のために食事に気を付けよう

インスリン療法

種類・作用・効果など

脂質異常症

油の種類、卵食べて良いの?

糖尿病予備軍

たかが予備軍、されど予備軍

その他

糖尿病教室からのお知らせ

/
  • 最初
  • 最後

医療法人社団 柴田内科循環器科

当院は、一般内科・循環器疾患の診療を専門としており、 苫小牧地域の皆様とのふれあいを大切にし、 心のこもった医療サービスをご提供する事を目標として掲げております。

受付時間
AM8:30-AM12:00 診療可 診療可 診療可 診療可 診療可 診療可
PM2:00-PM4:30 診療可 診療可 診療可 診療可

※第1、第3土曜日は休診になります。